自ら外資系企業へスキルを売り出すメリット

いつでも高収入を得られやすい

外資系企業で働いた場合に期待できる年収は、平均で言うと800万円程度だと言われています。上場している国内企業に勤めている人の平均年収でさえ、600万と言われているので、外資系企業に勤めた方が高収入を狙える傾向があると言うのが現状です。外資系企業は、基本的に実力主義だと言われているので、年齢がたとえ20代でも1,000万円プレーヤーになることは可能。中途採用だとしても、実力があれば、入社して1年目から年収1,000万円をもらうこともそう珍しいことではないです。国内の企業で働いていると、雇用が守られているので、高収入を得るより安定を取った方がいいと考える人もいるかもしれません。ただ、国内では発言力がある人が、終身雇用を維持することは難しいと言う趣旨の発言をしているように、終身雇用制度には限界があるとの見方もできるでしょう。

国際感覚が身に付けられる

日本人の人口は、ほぼ確実に減少すると言われています。急激な人口減が起き、2060年には、8,674万人になると予想されているのが日本の未来です。人口が減少するに伴い、外国に働きに行く人、または国内にある外資系企業に勤める人が今以上に増加すると予想できます。今のうちに外資系企業で自分のスキルを売り出してバリバリと働くことにより、さまざまな国の言葉や慣習、そして仕事の進め方を学べ、将来さらによい会社に勤められることになる確率をアップさせることが可能です。将来のことは、あとで考えればいいと思う人もいるかもしれません。ただ、将来のことを見据えて全力を出している人には、そういった考えでは、太刀打ちできないです。雇用する側としては、ちょっとした差でも、能力が高い人を雇用したいと考えるのが本音だと言えます。

© Copyright Move Into Another Company. All Rights Reserved.