マネジメントスキル

マネジメントにも二つある

外資系に転職する上で重要なのがマネジメントスキルですが、その種類が大まかに二つに分けられることは知っているでしょうか。一般的に知られているのは組織をマネジメントするための能力で、業務や人材、資金などを適切に配分して動かすことや、従業員のメンタル面のケアなどをすることが求められます。もう一つのマネジメントスキルとして自己マネジメントの能力があり、自分を合理的な方法で動かせるようにコントロールする力として知られているものです。外資系企業に転職する上ではこの両方を兼ね備えていることが重要になります。外資系で働くためには、なぜこのようなマネジメントスキルがなければならないのかをより詳細に理解しておきましょう。

マネジメントスキルが必要な理由とは

実は外資系企業に転職するときに、この二つのマネジメントスキルが必ずしも求められているわけではありません。外資系の場合には実力重視の考え方が強く、マネジメントスキルがなくても企業に利益をもたらす仕事ができる人なら採用してもらえます。しかし、その能力が不要になった時点で解雇されてしまったり、減給になったりすることも稀ではありません。長期的に働けるようにするためには、他人も組織もマネジメントできるスキルが必要になるのです。一方、自己マネジメントスキルがあることはほぼ必須になります。自由を与えられることが多く、その自由を律して努力を続けていくことにより成果を上げることが求められている現場がほとんどだからです。

© Copyright Move Into Another Company. All Rights Reserved.