ビジネス英語・ライティングのスキル

転職に備えて業務に耐えうる英語力を習得しよう

外資系企業においては、社内の共通語に英語が採用されたり、海外の顧客と電話口で交渉したりする機会が多くあります。そうした中、外資系企業に転職して前職で得た経験をしっかりと役立てるうえで、転職活動に備えて様々な業務に耐えうる英語力を習得することが大切です。また、ビジネス英語やライティングのスキルは、営業や企画、事務などの職種で力を発揮するために重視される傾向があります。そこで、中途社員の採用試験を突破するうえで、社会人向けの英語教材を使用したり、語学学校で指導経験が豊富なネイティブ講師にレッスンを受けたりして、ビジネスシーンでよく使われる最低限の単語や文法、フレーズなどをマスターすることがおすすめです。

転職時に必要な英語力について企業の採用担当に話を聞いてみよう

転職時に必要となる英語力は、それぞれの外資系企業の経営方針や事業内容、従業員数などによって大きな違いがあります。そのため、自分自身の英語のスキルに合った転職先の候補を決めるうえで、早い時期から求職者を対象とした説明会やセミナーなどに出向いて、志望企業の担当者に詳しい話を聞いてみましょう。採用後のサポートに力を入れている外資系企業の中には、転職したばかりの社員を対象に、英語のオーラルコミュニケーションやライティングなど様々な分野の研修を実施しているところも多くあります。なお、外資系企業の中には、語学検定の合格者や帰国子女を歓迎しているところもあるため、各企業が期待する人材について念入りに確認しておきましょう。

© Copyright Move Into Another Company. All Rights Reserved.